PAGE TOP

浮気調査に必要な期間は、普通は3〜

e-探偵事務所東京ガイド

浮気調査に必要な期間は、普通は3〜
浮気調査に必要な期間は、普通は3〜4日が目安です。

確認しておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。
調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあることも覚悟してください。一方で、浮気するだろうという日があらかじめ分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談しましょう。
離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談するようにしましょう。



不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵や興信所に相談するようにしてください。
相談者が女性の場合、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にやってはいけません。 追跡グッズという探偵が使うものは 自分で買うことができるかといえば、買うことは可能です。
追跡グッズは、GPS端末を一般に用いるというケースがほとんどですが、どんな人でもネット等で購入可能です。
車に載せてあるGPS端末は、車が盗難されたときに備えて搭載しておくものですので、誰でも当然購入できます。

レシートやクレジットカードを確認すると浮気の証拠をおさえる事もできるかもしれません。
最初に、普段立ち寄らないような毎回、コンビニのレシートを視界に入ることが多くなったら、その周辺に普段から行っている事になります。

そこで逃さず見ていると、浮気の現場を確保できるかもしれません。夫の浮気相手のところに妻が談判に行っておぞましい戦場になるシーンは、ドラマでも描かれることが多い光景です。



妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、傷害・殺人まで起きるというシナリオもよくありますね。

配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのもあっていいやり方でしょう。



離婚も辞さない覚悟なら、やってみる手もあるでしょう。



探偵による浮気調査の結果、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。


不信感を抱いてしまった相手と一生共に生活することは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。

それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求したならば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。当然ですが、調査員の数が少なければ安く、多くなるほど高くなります。

そして、尾行時に車やバイクで移動すると、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、要確認です。自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料をもらうことはできません。

慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、夫婦の歳、結婚年数など全体的にみて裁判所が慰謝料を決めます。
時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵の尾行時間が短い方が、費用が少なくなります。
ということは、尾行を探偵に頼むなら、相手の日々の行動を理解しようと観察することが大切です。そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、お互いにとってメリットのある依頼になります。探偵は頼まれたことの調査をやるだけではいいのではありません。浮気の事実があるのか調査していると、何かしらのトラブルが起こるものです。その時、どれだけ依頼者のことを優先的に思ってくれるような探偵が信用すべき探偵なのです。
探偵を信頼してもいいか判断するには、どのような対応をしてくるのかなどでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。


関連記事