PAGE TOP

相手が全然知らないうちに、誰が見ても明白な浮気

e-探偵事務所東京ガイド

相手が全然知らないうちに、誰が見ても明白な浮気
相手が全然知らないうちに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。
浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠にはできません。浮気調査を探偵が依頼されたときは、用途に適するサイズのカメラも用意し覚られないうちに十分証拠となる写真を撮ることができます。



探偵の場合には、人に怪しまれることのないよう充分すぎる注意を払って粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、自分の目的を話して表立った調査をしているようです。探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と、おおまかには考えられます。

夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵にお願いする時、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を前もって相談します。

1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、浮気調査を行った期間が長期にわたれば請求される調査費用も多額になります。探偵事務所によっても、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。
もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を望むのであれば、まずは相手のことを知らなればなりませんし、間違いのない、裏切りの数々を突き付けられるようにしないといけません。


しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、鮮明に写しだしてくれるでしょうし、適切な形で裁判にでも通用するように、用意してくれるでしょう。GPS装置を用い、行きつけの場所の情報を探して、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、必ず相手はやってくるはずなので、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、試してみたいやり方です。その機械を付けている事が知られてしまう事があります。

興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、あまり無いのではないかと言ってもいいかもしれません。


浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、似たような仕事をしています。とはいっても、差があるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。


自分で浮気調査はすべきではありません。

その理由は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまう危険性があるのです。
強い心を持っている人でも、裏切られたことをいざ実感してしまうと逆上してしまったという例が多く報告されています。
無事に解決するためにも、何よりも、証拠を入手するために、浮気調査は探偵に任せるのがオススメです。

実際に探偵に頼むことで浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。


浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。

しかしながら浮気の証拠を自力で集めようとしたら、自分の行動が相手に見つかってしまうリスクが高くなります。なぜでしょう。
答えは簡単で、あなたの顔が相手に知られているからです。



配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、支払う料金が低過ぎたり、 高料金に設定されている事務所ではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵事務所が望まれます。


そして、探偵社として必要な許可を取得しているのか事前に調べておくべきです。違法調査を実施しているところへは委託しない方がよいでしょう。浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬でお願いすれば得をするかと言えばそうでない場合にも遭遇します。


条件が成功報酬であればもし調査が不成功の場合、報酬支払いの義務がなくなるので依頼者は損をしなくて済むように感じます。ですから、成功報酬の探偵事務所に特定して、利用しようとしている人もいます。
関連記事