PAGE TOP

GPS端末は、車の使用者に見つか

e-探偵事務所東京ガイド

GPS端末は、車の使用者に見つか
GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに取り付けておいて、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、今いる場所をモニターしたり、記録されたデータを後で読み出し行動の様子を分析したりします。車より、公共交通機関などを利用する人には、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。

こうすることによって、パートナーの行き先やそこにどのくらいいたのかもわかります。

どのような服装か確認することで浮気の実証ができます。

浮気をすることで、著しいのは変化していく服装です。おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、突如おしゃれに関心を持つようになったら注意が必要でしょう。この先、浮気に進展しそうな人や、浮気している人がいるかもしれません。探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。もちろん、調査員が少ない人数なら安く、多くなるほど高くなります。


また、尾行のために移動のために車やバイクを使った場合、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認したほうが良いでしょう。

格別違うところが無いと言ってもよろしいでしょう。両方とも、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな似たような仕事をしています。
ただし、どちらかを選ぶとしたら企業や団体からの依頼の多くは興信所に、個人は探偵に頼るようです。


たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠が掴めるのです。


なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使うことは当然考えられます。

今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡をことも増えていますが、浮気相手の「声」を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。
そのため、何気なく電話することは否定できないのです。



時間によって尾行料金が決まる場合、尾行時間が短い探偵の方が、費用が少なく済みます。



というわけで、尾行依頼を探偵にする時には、日頃のパートナーの行動パターンを観察しておく必要があります。その中で、最も怪しい時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、探偵にも余計な手間をかけずに済み、どちらにもメリットがあります。結婚相手の浮気調査を委託する場合、あり得ないほど低い報酬額であったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、料金設定が細分化されていて、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵事務所がオススメです。



そして、業者として届け出をしっかり行っているのか事前に調べておくべきです。法を逸脱した調査をしている探偵社には依頼は控えた方がよいでしょう。カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。
カーナビから履歴を確かめ、浮気の相手とドライブデートした場所を見つけられます。

履歴があまり見たことない場所であった場合気を付けてましょう。
それに加えて、よく給油されていた場合、車を用いてデートされているかもしれません。


法律上では、既婚者が婚姻関係にない人と自分から性的に親密になることを不倫といいます。すなわち、法律上では、性関係になければ、食事や遊びに行ったとしても、不倫じゃないということです。個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。

探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査に成功した場合でないと調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功報酬の金額が相場より高く設定されているケースが多いようです。


そのため、成功報酬制を採用している方が、浮気の調査費用が安くなるわけではないのです。


調査に対する実績なども確認して、明確な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼すれば心配ありません。

関連記事